読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望まない妊娠、望めない妊娠

色々な情報があり、正確な情報を定めにくいが、妊娠したい女性が6~10人集まったら1人は不妊症であると言われている。

 
f:id:calmama:20161125133450j:image

引用:厚生労働相ホームページより

 

友達が少ない私の周りにも治療中だったり、悩んでいる人が10数名いるから、6人強に1人は妥当な数だと個人的に思う。

 

妊娠と年齢の割合は以下の通りらしい。

25歳:25%~30%、30歳:25%~30%、

35歳:18%、40歳:5%、45歳:1%

 

 

一方、望まない妊娠の数は当然ながら把握されていない。

15歳未満の妊娠、中絶は増え、妊娠したい世代の30代~40代での中絶も多いという。

 

子どもが欲しくて、欲しくて、高い治療費を費やしても授からないご夫婦が多い一方で、いとも簡単に授かり、子どもを邪険に扱い、虐待する親、死なせる親がいる。

この何とも言えない、切実な思いと現実の噛み合わなさを考えると、釈然としない。

 

虐待事件を目にする度に、まるで物でも扱うかのような酷い事を我が子にするような親の元に子が授かり、経済的にも人間的にも余裕のあるこのご夫婦に授からないんだと…思ってしまう。