読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験シーズン到来!!

いよいよ、年も明け、受験シーズン到来の季節ですね。

 

受験生を抱えるお宅は、体調管理に資料集めなどなど、色々神経を使う時期ですね~~

 

受験には当然のことながら合格/不合格がつきものです。

志望校合格の為に色々なものを我慢し、犠牲にし、頑張ってきた成果を試す…

色々な想いを抱えての緊張、プレッシャー、不安…

 

不合格

我が家も去年長男Fの不合格を体験しました…(T-T)

頑張ってきた本人は勿論、親もかなりショックな結果でした…

親子で半分は受かるだろうと確信を持っていただけに、ショックは大きかった‼

 

我が家の場合、子どもの方が切り替えが早く、親の方が結果を受け止めるのに時間がかかり、モヤモヤ落ち込んだりグチグチしてしまった…

周りには合格した友だちばかりで、余計に息子が不憫に思えたり、時には開き直っている息子にキツい言葉を吐いてしまったり…

 

ただ希望していた場所に縁がなく、必要な能力が至っていなかっただけなのに、全否定されたかのような錯覚に陥り、親である自分も否定されてしまったような、そんな気分になったのを覚えている。

 

それでいて、合格した友だちが羨ましくて…妬ましくて…

当時はママ友や知り合いにも会いたくなかった。

会ったら結果を聞かれるし、作り笑い疲れるしで…皆の目線や言葉が哀れみ一色に感じてしまって。

合格した親の言葉が全部痛かった~~(泣)

本当にあの頃の自分の心はひん曲がってる(笑)

 

今となっては親子でいい経験をしたし、人としての経験値が上がった♪と、思っている。

 

子ども自身も思い通りにならず、合格した仲間の中で、様々な経験をし、打たれ強くなったでしょうし、挫折感も感じ、壁を乗り越えてほしいと切に願っています。

 

私自身は、不合格となった親の気持ちを初めて知り、今後はダメだった人たちの気持ちを考えた言動がとれる人間になろうと思ってます。

合格に浮かれて、人の気持ちも考えないハッピーオーラ全開♪みたいな空気の読めない人間にならず、ダメだった人の立場にも立てる人間になることができたと思います。