読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童虐待~増え続けてるのか、見え始めたのか~

児童虐待件数の推移

 

児童虐待関連のニュースは後を経たない。

年々件数も増加の一途を辿っている。

ただ、これはただ増加していると悲観することではなく、むしろ一昔前と違い、児童虐待の実態を行政が把握できているということとも言える。

 

勿論把握できているのはごく一部の案件で、大なり小なりも加味すると、氷山の一角にすぎないだろう…

 

 

厚生労働相より児童虐待件数の推移
f:id:calmama:20161116190051j:image

 

これだけの被害を受けた子どもがいると思うと、胸が締め付けられる…

 

虐待は世代間連鎖が多く見られる。

つまり、『虐待を受けた親が虐待を繰り返す』傾向があるということ。

 

それを考えると、恐ろしい事態が先々目に見える…

 

ママは絶対的存在!!

以前、学生時代にボランティアしていた児童養護施設でも8割強が児童虐待での入所と所長さんが話していた。

 

実際、腕に根性焼きの痕がある子どもや、自暴自棄になってしまっている子ども、鼻から下が火傷でケロイド状になっている子どもなど、色々な事が子どもがいた。

でも、ほとんどの子ども達は親の事を悪く言うことがない。

パパ、ママが大好き!!って子がほとんど。

当時の若い私には理解ができなかったけど、たまに面会に来る親を心待にしていたのが印象的だった。

 

根性焼きを見せてくれた4歳の女の子は『これはパパとママが悪いことをした時にジューッてしたの』と、思い出を語るかのように穏やかな表情でそう言っていた。

 

この子の腕に一生この傷痕は残っていくんだろう…

もう大人になっている今、あの子は自分の腕を見て何を想ってるのかな…

 

私は決して虐待をするパパとママだけの責任だとは思わない。

勿論、虐待行為を許しているわけではないけれど、その虐待の背景や子育て環境、経済的な理由、心の問題、自らの虐待経験など、そこに至る経緯が必ずあると思うから。

 

 虐待される子どもが一人でも少なくなるよう、祈るばかり。

何か出来ることを探し中です。

 

と、その前に、偉そうにこんなこと言ってる自分の子育ても見直さないと💦