読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの難病②

鮮血の鼻血が40分以上ダラダラ出ることが異常であることは、なんとなく理解していた。

 

若い医師から取り敢えず、採血をするとの説明を受け、Sは診察室に…

 

待っている間、色々なことが頭をよぎる。

たいして豊富でない医学の知識が頭をめぐる。『鼻ほじりすぎじゃないの⁉白血病⁉敗血症⁉何なの⁉どうなっちゃうの⁉』

 

10分程度の時間が30分に感じる。

 

やっと、医師が説明に入り、「白血球の数値は正常値内だが、大量の出血のため、白血球の数値も低くなっている。今の段階では何とも言えないが、精密検査を受ける必要がある。大きな病院へ行く必要があるため、今日は入院することになると思う」とのこと。

 

夫婦共々、不安で胸がいっぱいになる。

 

前にお世話になった大学病院へ急遽検査入院することに…

Sは不安と眠気で、朦朧としている。

歯医者も予防接種も大嫌いでいつも大泣きしているS…

 

到着後、ベッドに横になり点滴を注入されることに…

昼間の元気な様子からの信じられない光景を前に、手を握ってあげることしかできない。

 

時刻は深夜1時過ぎ…

取り敢えず、近所に住む姉と実家の母にメールで事態を報告することに…

 

その大学病院は親が同伴して泊まることができないため、泣いて帰りたがるSを説得して、帰路についた…