読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの難病①

青天の霹靂

 

今から約2年前の話。

 

うちのF(長男)もS(長女)も、大きなケガも病気もせず、病院のお世話になることが極めて少ない子達でした。.

特にFはインフルに1度もなったことがないという・・・

二人とも病院とはほぼ無縁の生活を送っていました。

 

あの日が来るまでは・・・

 

その日もいつもと変わらず、3月の寒さが残る休日、Sは元気に親戚の家に遊びに行き、親戚のおじちゃんの背中によじ登ったり、遊びに夢中になっていました。

いつも通り夕飯を済ませ、パパとお風呂に入り・・・

本当にいつもと変わらない日常風景。

 

しかし・・・その日の夜は違いました。

Sはよく鼻血を出す子でした。(よく鼻をいじってたので笑)

いつもなら鼻栓して10分もすると出血は止まっていたものが、その日は20分・・・30分・・・『あれ、おかしいな・・・』

出血はちっとも薄くならず、鮮血のまま。

 

50分経過。。。

これは鼻ほじりすぎの出血じゃない!!

すぐに救急に電話。念のため来るようにとのこと。

 

時刻は22時。Fはすっかり眠り込んでいる。

応急処置ですぐに帰れるだろうと、翌日も学校のFに携帯を持たせ、留守番させることに。

 

車内ではまだ鮮血が出ている。

この時点でフェイスタオル2枚が真っ赤に染まってしまうくらいの出血。

 

救急外来の看護師に状況説明。

『最近気になることは?』

ー脚にあざが多数あり、太腿裏に大きなあざがあることと・・・。乾燥で口を切ったのですが、病院へ行ってもなかなか治りません。鼻血は最近よく出てますが、こんなに止まらないのは初めてです。

 

時刻は12時近く。

まだ出血している。トータルで3時間近く鼻血が出たままでいる。

 

看護師や医師がざわついてるのを肌で感じた…

今日は帰れないかも…そう感じた。

 

次につづく…